★新型コロナウイルス

新型コロナウイルス感染症関連の信憑性の高い情報を(少しずつですが)収集していますので、ご参照ください。

★公的機関から

●NITE 独立行政法人製品評価技術基盤機構から、新型コロナウイルスに対する界面活性剤の有効性についての検討結果第2弾が公表されました。 New
「なお、「次亜塩素酸水」については、今回の委員会では判定に至らず、引き続き検証試験を実施することとされました。」
click

●経済産業省・新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価に関する検討委員会事務局から、下記ファクトシートが発表されていました。 New
「「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(ファクトシート)」
click

●NITE 独立行政法人製品評価技術基盤機構から、新型コロナウイルスに対する界面活性剤の有効性についての検討結果が公表されました。
「新型コロナウイルスに有効な界面活性剤を公表します~物品への消毒方法の選択肢が広がります~」
click

●首相官邸・内閣官房サイトに、新型コロナウイルス感染症に関連した生活支援策等についてまとめたページが公開されました
「くらしとしごとの支援策」
click

●厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」
click

●内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策サイト
人の流れや政府・自治体の取り組みについての資料など充実しています
click

●新潟県、新型コロナウイルス感染症について
click

●新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談センター
click

★医師、科学者、有志らによる情報提供

●新型コロナウイルスから社会を守る時限的な緊急プロジェクト『コロナ制圧タスクフォース』は、様々な研究分野から日本を代表する科学者が横断的に結集したものであり、科学による客観的真理を解き明かすことにより医療崩壊を防ぐことを喫緊の目標と捉え、その達成の先に、新型コロナワクチン開発を目指します。
click

●新型コロナウイルス感染症に関する専門家有志の会による
「全世代のみなさまに いま、拡散してほしいこと」
click

★新型コロナウイルスの感染状況

●データとグラフで見る「新型コロナウイルス」
日テレニュース24提供
click

★新型コロナウイルスについての科学的知見

●新型コロナウイルスはこうして広がっている 遺伝子技術で判明
ナショナルジオグラフィック日本版サイトから
多様な経路で世界を拡散、平均15日ごとに変異、生物兵器説や陰謀説も否定
click

●新型コロナ日本感染ルーツとウイルスの種類:中国のゲノム分析から
click

●コロナウイルスなどのアウトブレイクは、なぜ急速に拡大し、どのように「曲線を平らにする」ことができるのか 
ワシントンポスト紙による解説
click

★著名人らによる論考

●現代の「知の巨人」、ユヴァル・ノア・ハラリ氏(『サピエンス全史』、『ホモ・デウス』、『21Lessons』)、“新型コロナウイルス”についてTIME誌に緊急寄稿!
click

★いっしょに治療方法を探しましょう

●Mac, Windows, LinuxなどのPCのCPUやGPUの余剰パワーを使い、タンパク質のデータ解析を行う医療研究プロジェクト「Folding@home」。アプリを自宅のパソコンなどにインストールし常駐させておくだけで、データ解析に必要となる膨大な計算処理を小分けして行う「分散コンピューティング」に参加することができる。
あなたも新型コロナウイルスの治療薬開発に参加しませんか
click

★そのほか

●医薬部外品および雑貨の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)不活化効果について
北里大学大村智記念研究所 ウイルス感染制御学研究室Ⅰ 片山和彦教授らの研究グループは市場に流通している医薬部外品・雑貨のうちエタノール、界面活性剤を有する商品が新型コロナウイルスの不活化に効果があるか検討した結果を報告しています。
click

本報告に関するQ&A(わかりやすくまとめてあります)
click

●次亜塩素酸水による新型コロナウイルスの不活化について
日本の研究.comより。帯広畜産大学からの報告です。
第1報
・次亜塩素酸水が短時間で強力に新型コロナウイルスを不活化することを証明しました。
・次亜塩素酸水の新型コロナウイルス不活化活性は、溶液の酸性 pH ではなく、含まれる遊離塩素濃度に依存することを明らかにしました。
click

第2報
・pH4.5-6.0(FAC45-29mg/L)のEWは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する不活化活性を示すものの、その活性はpH2.5EW(FAC64mg/L以上)よりも低いことが示されました。
・少ない液量のpH4.5-6.0(FAC45-29mg/L)のEWでは10分の反応時間でもウイルスを完全に不活化することは出来なかった一方、大量の液であれば1分の反応時間でもウイルスを検出限界以下まで不活化出来ました。
click

●山形大学理学部物質生命化学科 天羽研究室の公式ページ、から
山形大学理学部理学科 天羽優子准教授による論考です。
「次亜塩素酸ナトリウム液・次亜塩素酸水を吸入してはいけない…次亜塩素酸ナトリウム液・次亜塩素酸水を噴霧するのは人体に有害。なお、次亜塩素酸水を手指消毒に使う場合は装置で作ったものを流しながら使う。アルコールのようにボトルに入れて吹き付けただけの場合の効果は未定。」
click

●京都女子大名誉教授小波秀雄先生による次亜塩素酸水についての論考
「次亜塩素酸水のミスト噴霧は危険だ」
click

●3Dプリンターでマスクを作る
サージカルマスク不足はまだ続いていますが、3Dプリンターを使ってマスクを作るためのデータが公開されています。ご興味のある方はどうぞ。
click

(タレントの劇団ひとりさんもこのデータで作成されたようです)

●換気のすゝめ ~M5StackでCO2濃度モニタを作る~
West Gate Laboratoryさんから。
テレワークで自宅に閉じこもって仕事をしているとだんだん集中力が低下したりします。そんな時はひょっとしたら知らぬ間に室内のCO2濃度が高くなっているのかもしれません…
CO2濃度モニターの作り方の紹介。
click

●京都女子大名誉教授小波秀雄先生による使い捨てサージカルマスクの再利用について
「使い捨てマスクを安全に再利用しよう」
click