パーキンソン病に見られる腸内細菌叢の変化について。

日本の研究.comより
パーキンソン病患者の腸内細菌叢を解析したところ、
1.ムチン分解菌Akkermansiaの増加により腸管のムチン層が分解され腸管透過性が亢進し、腸管神経叢が酸化的ストレスにさらされることでパーキンソン病の原因物質であるα-シヌクレインの腸管神経叢への蓄積が促進され、パーキンソン病の発症や進行につながる可能性
2.短鎖脂肪酸産生菌の減少により中枢神経系の炎症が抑制できなくなることが予想される
「パーキンソン病患者において世界中で共通して認められる腸内細菌叢の変化を明らかにした」